位牌についての解説

お墓だけではなく位牌の永代供養も行ってもらえるの?

最近仏事においてよく耳にする言葉に「永代供養」というものがあります。 お寺などに依頼して供養や管理を行ってもらう方法で主にお墓の場合が多いですが、位牌の永代供養を考える方もいらっしゃるようです。 ここでは永代供養について説明するとともに、位牌の永代供養についてお話します。 そも ...

»この解説の続きを読む

故人の依代となる大切な位牌、価格や料金の相場はどれくらい?

位牌はいくつかある種類やごとに相場が異なりますが、さらに材質やデザイン、加工工程などによっても価格は変わってきます。 品質やデザインで選ぶのも良いですが、相場が分からずに予算を超えた高すぎるものを購入してしまうことは避けたいものです。 そこで、こちらでは位牌の種類とともに、それぞれの価格 ...

»この解説の続きを読む

位牌は仏壇のどこに置く?位牌の安置場所と並べ方の決まりを知っておきましょう

四十九日の法要で魂入れを行った位牌は、家の仏壇に安置することになります。 仏壇は単に位牌壇ではなく本来は本尊をお祀りするための場所ですので、本尊とともに位牌に手を合わせるというのが正しいあり方です。 こちらでは位牌の安置する場所や、位牌が複数ある場合の並べ方についてお話しします。 ...

»この解説の続きを読む

位牌の大きさはどう決める?サイズ選びのポイントを紹介

位牌は故人の代わりとして供養の対象になる存在ですので、故人にふさわしいものを選ぶことが大切です。 位牌の大きさは地域や宗派などにとらわれることはありませんが、作った後で「サイズが大きすぎて仏壇に入らなかった」「他の位牌とのバランスがおかしい」なんてことになると大変です。 そうならないため ...

»この解説の続きを読む

位牌を処分するときの注意点と正しい処分方法

位牌は故人や先祖の霊がかかるための依代(よりしろ)、つまり故人そのものと考えられています。 供養の対象として手を合わせてきた大切な存在ですから、不要になった場合、どのように処分したらいいのか悩んでしまう人が多いことと思います。 ここでは、位牌の正しい処分方法や処分する際の注意点について ...

»この解説の続きを読む

新しい位牌に行う儀式、魂入れ(開眼供養)について

死者の霊を祀るため、戒名や法名を記して、家庭の仏壇や寺院の位牌壇に安置する木製の牌を位牌(いはい)といいます。 仏壇があるのに位牌を祀っていないという家はほとんどありません。 しかしながら、位牌を購入して戒名などを記しただけでは、ただの置き物になってしまします。 位牌は魂入れの儀式であ ...

»この解説の続きを読む

一人の位牌を複数作る、位牌分けについて

位牌は故人一人につきひとつ用意され、たいていは跡取りである長男の家に祀られるものですが、一人の位牌を子供の数だけ作るという地域もあります。 また、地域の習慣でなくとも、位牌を祀っている兄弟から遠く離れた場所に住んでいるためになかなか両親の供養ができないという場合には、長男の方以外の兄弟や家族が ...

»この解説の続きを読む

位牌の選び方で重要なのは大きさ、デザインは故人にふさわしいものを選びましょう

初めて位牌を購入するときは、その種類の豊富さに、どれを選べばいいか迷ってしまうことでしょう。 宗派では特に決められた形というのはありませんので、位牌を安置する仏壇の大きさや、すでに祀られている位牌のサイズとのバランスを考えながら選ぶのが良いとされています。 ここでは位牌選びの基本となる、 ...

»この解説の続きを読む

白木位牌から本位牌へ、戒名の入れ方について

白木の位牌は葬儀の際に用いる仮の位牌ですので、四十九日までに本位牌を作らなければなりません。 葬儀のときに祭壇にあった白木位牌にかわって本位牌(塗り位牌や唐木位牌)をお祀りします。 白木位牌に記されている文字全体を戒名と呼んでいますが、もともとは生前の俗名や行いをもとに経典にちなんだ二文字で ...

»この解説の続きを読む

位牌に書かれている戒名ってなに?

亡くなった人は寺の僧侶から戒名が授けられ、位牌やお墓の卒塔婆に記されます。 戒名はなぜつけるのか、はたして必要なのかと思う方もおられるかもしれません。 ここでは、そもそも戒名とはなにか、戒名をつける必要はあるのか、そして最近推奨されている生前戒名についてお話しします。 そも ...

»この解説の続きを読む