浄土宗・時宗についての解説

時宗の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは時宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 時宗の本尊の選び方と並べ方 一般的には舟型の光背が付いた阿弥陀如来を本尊に飾ります。 両脇に祀る脇侍は、 ...

»この解説の続きを読む

浄土宗の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは浄土宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 浄土宗の本尊の選び方と並べ方 本尊については、舟型の光背が付いた「阿弥陀如来」になります。 脇侍には向 ...

»この解説の続きを読む

浄土宗の本尊と脇侍(脇掛)について

浄土宗は法然上人が開祖となってできた宗派で、総本山は京都市にある知恩院です。 厳しい修行もないので浄土宗の誕生によって仏教が一般民衆に門戸を開き、大衆化されたといわれています。 浄土宗の本尊や仏壇に祀る際の選び方などについて、浄土宗の教えの特徴とともにご紹介していきます。 南無 ...

»この解説の続きを読む