真宗 大谷派についての解説

真宗大谷派の仏壇・仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは真宗大谷派の祀り方(本尊・仏具の配置)について紹介します。 真宗大谷派の本尊の選び方と並べ方 真宗大谷派で祀る本尊は「阿弥陀如来」ですが、六字名号(ろくじのみょうごう ...

»この解説の続きを読む

真宗大谷派の本尊と脇侍(脇掛)について

真宗十派と呼ばれる10の分派の1つに当たり、西本願寺派との区別のために、東本願寺派、東派とも呼ばれています。 浄土宗の法然の元で学んだ親鸞聖人が開祖で、本山のある東本願寺の京都市下京区烏丸通は、お東やお東さんの呼び名で親しまれています。 真宗大谷派の本尊や仏壇に祀る際の選び方などについて ...

»この解説の続きを読む