天台宗についての解説

天台宗の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは天台宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 天台宗の本尊の選び方と並べ方 天台宗の本尊は「釈迦如来」になりますが、「阿弥陀如来」や「観世音菩薩」でも ...

»この解説の続きを読む

天台宗の本尊と脇侍(脇掛)について

天台宗は社会の教科書などにも出てくる最澄によって興された妙法蓮華経を根本経典とし、後生に大きな影響を及ぼしたとされ日本仏教の母とも呼ばれています。 比叡山延暦寺を総本山とし、輪王寺や妙法院、毘沙門堂など門跡寺院も多く、金色堂で有名な中尊寺も天台宗の寺で東北大本山に当たります。 天台宗の本 ...

»この解説の続きを読む