金仏壇 – 浄土真宗で主に使われる事が多い仏壇

カテゴリ:【 仏壇

以前にも解説しましたが、仏壇と聞いたときにイメージされるのがこの仏壇で、全体的に黒の漆塗りで内部が金箔などで飾られてます。

檜(ひのき)、杉、欅(けやき)などの材を使い、木地に黒く漆塗りがほどこされ、内側には金箔を張りつめた華やかで厳かな仏壇です。

内部に荘厳作りといわれる美しい技巧がほどこされて蒔絵、彫刻、錺金具などの日本古来の伝統工芸の技法が集約されており
豪華さが特徴となってます。

古くから浄土真宗本願寺派(西)・真宗大谷派(東)・真宗高田派では金仏壇を使われることが多く
宗派によって、形状・内部のつくりがことなっており、真宗本願寺派(西)・浄土真宗大谷派(東)では以下ような違いがあります。

浄土真宗本願寺派(西本願寺)

宮殿 一重破風屋根
外柱 金箔張りの柱

西本願寺の阿弥陀堂を模したものになってます。

真宗大谷派(東本願寺)

宮殿 二重瓦屋根
外柱 黒漆塗りの柱

黒柱は東本願寺の阿弥陀堂・二重屋根は御影堂(大師堂)を模したものになってます。
また、この他にも特徴がありますが、地域によって異なります。

金仏壇の主な材料と工法

木地(きじ)

金仏壇で使われている木材でヒノキ、ケヤキ、松、杉、(MDF)合板、ボードなどが使われてます。

塗り

金仏壇の表面には日本の伝統的に漆が使われてます。
漆塗りは耐久性が高めるために複数回塗ります。

現在ではカシューや化学塗料も使われています。

金箔

金仏壇の内部を飾るものです。
金箔だけでなく、金粉を使っている仏壇もあります。金粉は金箔より高価となり、輝も落ち着いたものとなります。

蒔絵(まきえ)

蒔絵は日本を代表する漆工芸技法の一つです。
漆で絵や文様などを描き、それが乾かないうちに金や銀などの金属粉を定着させる技法です。

錺金具(かざりかなぐ)

錺金具は装飾金具、補強金具として金仏壇に使われます。
錺金具を使うことで金仏壇をより美しくみせてます。

低価格の錺金具は金型など加工するものもあります。
表面のメッキは、金メッキや消しメッキがあります。

彫刻

欄間や障子、柱などに施されてます。
最近の彫刻は中国等の海外で製作されること多くなってます。

安価品にはプラスチック製が使われていることがあります。


【PR】ひだまり仏壇

仏壇ナビを運営している「ひだまり仏壇」なら、仏壇や位牌など各種仏具もすべて揃い全品送料無料でお届けします。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

この記事と合わせて読んでおくのにおすすめの記事