真宗大谷派の本尊と脇侍(脇掛)について

カテゴリ:【 真宗 大谷派

真宗十派と呼ばれる10の分派の1つに当たり、西本願寺派との区別のために、東本願寺派、東派とも呼ばれています。

浄土宗の法然の元で学んだ親鸞聖人が開祖で、本山のある東本願寺の京都市下京区烏丸通は、お東やお東さんの呼び名で親しまれています。

真宗大谷派の本尊や仏壇に祀る際の選び方などについて、真宗大谷派の教えの特徴とともにご紹介していきます。

阿弥陀仏の本願による他力での成仏を提唱

浄土真宗の宗祖である親鸞は、人は誰しもこの世に生を受けたときから、阿弥陀仏の本願によって極楽浄土が約束されているという「他力本願」を唱えました。

他力とは阿弥陀仏の救済力を指し、この力によって往生し、悟りの世界へと導かれるといいます。
親鸞の教えはこの徹底した他力本願のうえに成り立っています。

浄土宗との違いは、浄土宗は阿弥陀仏の本願を信じて命尽きるまで念仏を絶やさないことを教えていますが、浄土真宗では必ず救ってもらえるという仏の本願への感謝の言葉として念仏を称えます。

浄土真宗本願寺派の本尊と脇侍について

本尊 阿弥陀如来(阿弥陀仏)または六字名号(ろくじのみょうごう)「南無阿弥陀仏」
脇侍(脇掛) 十字名号「帰命尽十方無碍光如来」、九字名号「南無不可思議光如来」

浄土真宗の本尊は阿弥陀如来ですが、浄土宗と異なる点は阿弥陀三尊ではなく、阿弥陀如来一仏の立像であること。

阿弥陀一仏であるのは、浄土真宗においては、救いはすべて阿弥陀如来のみによるとされているからです。
立像であるのは、衆生の苦悩をただちに救うために自ら出迎えてくれようとする慈悲の心の表れです。

仏壇に祀るための選び方と並べ方

真宗大谷派で祀る本尊は「阿弥陀如来」ですが、六字名号(ろくじのみょうごう)「南無阿弥陀仏」という名号本尊を祀る場合もあります。

本尊に仏像を祀る際には、頭光が付いている東立弥陀を、掛け軸を祀る場合は、後光が「六本」指している掛け軸となります。

※真宗大谷派(東本願寺)の本尊のお姿は浄土真宗本願寺派(西本願寺)とは少し異なります。  

絵像の後光
(仏様の背後から出る光線)
どちらも四十八本ですが、東本願寺では上辺に伸びるものは八本 ※西は六本
木像 蓮華光背が頭光の下に表されている ※西は舟形光背

ただし、ただ地域やお寺によっては、異なるケースもありますので、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

両脇の脇侍には向かって右側に「十字名号(=帰命盡十方無碍光如来)」を、向かって左側に「九字名号(=南無不可思議光如来)」を掛けます。


【PR】ひだまり仏壇

仏壇ナビを運営している「ひだまり仏壇」なら、仏壇や位牌など各種仏具もすべて揃い全品送料無料でお届けします。
お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

この記事と合わせて読んでおくのにおすすめの記事