宗派別の解説についての解説

日蓮宗の仏壇・仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは日蓮宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 日蓮宗の本尊の選び方と並べ方 日蓮宗の本尊は「大曼荼羅」であり、日蓮聖人の木像を祀る場合は「大曼荼羅」の ...

»この解説の続きを読む

臨済宗の仏壇・仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは臨済宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 臨済宗の本尊の選び方と並べ方 「衆生縁による」ということで、臨済宗では定まった本尊は立てていません。 ...

»この解説の続きを読む

真宗大谷派の仏壇・仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは真宗大谷派の祀り方(本尊・仏具の配置)について紹介します。 真宗大谷派の本尊の選び方と並べ方 真宗大谷派で祀る本尊は「阿弥陀如来」ですが、六字名号(ろくじのみょうごう ...

»この解説の続きを読む

浄土真宗 本願寺派の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは浄土真宗本願寺派の祀り方(本尊・仏具の配置)について紹介します。 浄土真宗本願寺派の本尊の選び方と並べ方 浄土真宗本願寺派のご本尊は「阿弥陀如来」を祀ります。 本尊 ...

»この解説の続きを読む

時宗の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは時宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 時宗の本尊の選び方と並べ方 一般的には舟型の光背が付いた阿弥陀如来を本尊に飾ります。 両脇に祀る脇侍は、 ...

»この解説の続きを読む

浄土宗の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは浄土宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 浄土宗の本尊の選び方と並べ方 本尊については、舟型の光背が付いた「阿弥陀如来」になります。 脇侍には向 ...

»この解説の続きを読む

天台宗の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは天台宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 天台宗の本尊の選び方と並べ方 天台宗の本尊は「釈迦如来」になりますが、「阿弥陀如来」や「観世音菩薩」でも ...

»この解説の続きを読む

真言宗の仏壇仏具の祀り方(飾り方)

仏壇の中心には本尊を安置しますが、本尊が宗派によって違うように、祀り方(飾り方)にも違いがあります。 こちらでは真言宗の祀り方(本尊・位牌・仏具の配置)について紹介します。 真言宗の本尊の選び方と並べ方 真言宗の場合、本尊は「大日如来」を祀りますが、ご自身が信仰している仏様があ ...

»この解説の続きを読む

時宗の本尊と脇侍(脇掛)について

一遍上人によって鎌倉時代に開かれた、元は時衆と呼ばれており、浄土宗を元とする宗派になります。 神奈川県にある遊行寺の別称を持つ清浄光寺を総本山とし、一遍上人が念仏を唱えながら全国各地を布教のために遊行したところから「遊行宗」とも呼ばれています。 時宗の本尊や仏壇に祀る際の選び方などについ ...

»この解説の続きを読む

日蓮宗の本尊と脇侍(脇掛)について

宗派の名前にもある日蓮によって開かれた日蓮宗は法華宗とも称され、法華教を根本経典としています。 木鉦など日蓮宗独自で使われる仏具などもあり、山梨県にある久遠寺を総本山としますが、思想面から様々な分派も成立されています。 日蓮宗の本尊や仏壇に祀る際の選び方などについて、日蓮宗の教えの特徴ととも ...

»この解説の続きを読む